緊急事態宣言

今回、7都府県に緊急事態宣言が発令されました。

海外のような、外出禁止などの処置ではなく、あくまで国民への要請とのことですが、

やはり心配なのは、休業になってしまう企業の補償や、

休業になって仕事がなくなってしまう方への補償です。

中には、廃業を考えている方もいるのではないでしょうか?

正直、現金給付や中小への現金給付もハードルが高すぎる気がします。

1年未満の個人事業主の方、フリーランスの方は、融資さえ受けられないかもしれません。

真面目に頑張ってやっていても、廃業せざるえないかもしれないのです。

108兆円などと言っていますが、その中でいくら国民・企業に対して使用されるのか?

正直、疑問に思います。

私もいち個人事業主ですので、売上が落ちれば運転資金に困ります。

特に、ミセス・シニア向けの商品が多いですので、高齢者への配慮や、

イベント、訪問販売の中止などは売上に影響がでてきます。

 

また、今回の緊急事態宣言で懸念されるのは、

休業になってしまった方や、休校になってしまった学生の方が、帰省することです。

昨日の首相の会見では地方への移動を自粛するよう呼びかけがありましたが、

あくまでも、強制ではなく要請です。

なので、帰省するのが悪いというわけではありません。

やむを得なく帰る方もいらっしゃいます。

 

あくまでも、個人的な意見ですが、今日から2週間後の緊急事態宣言がだされた7都府県と、

地方での感染状況が気になります。

もし、7都府県もそこまで減少せず、地方での感染が増えたら、今回の緊急事態宣言の意味があったのか?

そうならないように、願うばかりです。

何とか、1日でも早くコロナウィルスが終息してくれなければ、健康や経済への打撃は甚大です。

前の記事

志村けんさんへ